早漏で悩んでいましたが、プリリジーの存在をしてからは解決しました。今まで不満を言わなかった妻も、早漏であった僕の行為に満足してくれていると思います。ここでは僕が使っていたプリリジーについて紹介していきます。

  • ホーム
  • 日本医師会雑誌を読むとプリリジーに対する疑問が解消

日本医師会雑誌を読むとプリリジーに対する疑問が解消

早漏防止薬のプリリジーは、日本国内では市販薬としては販売されていないため、プリリジーに対して疑問を抱いている人も存在します。
早漏防止薬に関することは書籍やブログなどで紹介されており、日本医師会雑誌でもプリリジーに関する記事が掲載されています。
日本医師会雑誌は医学の専門誌ですので、日本医師会雑誌を読むと、プリリジーに関する疑問点が解消します。

日本医師会雑誌に掲載されている記事は医師が執筆しています。
プリリジーに関する記事は、ED治療を臨床で行っている医師や、ED治療の基礎研究を行っている医師などが主な執筆者です。
ED治療の最前線で活躍している医師が記事を書いているため、書かれている内容の信ぴょう性は非常に高いです。
日本医師会雑誌は医師向けの専門誌であるため、素人にはわかりにくい点もありますが、一読するとプリリジーに対する疑問が解消します。

プリリジーなどの早漏防止薬についての研究は世界中で行われており、新しい早漏防止薬の開発などにつながっています。
日本は医薬品に対する規制が非常に強いですが、海外では多くの早漏防止薬が市販薬として販売されており、早漏で悩んでいる人の役に立っています。

プリリジーを認可している国は、スウェーデンやドイツ、イギリスなどのEU諸国や、メキシコやアルゼンチンなどの南米諸国などです。
アジアでは韓国やマレーシア、シンガポールなどで認可されています。
日本やアメリカでは認可されていませんが、認可されている国は着実に増加しており、現在では世界の60ヵ国に及ぶ国が医薬品として認可しています。
これらの認可されている国から個人輸入をすると、日本国内に居住している日本人でも早漏防止薬を購入することが可能です。