早漏で悩んでいましたが、プリリジーの存在をしてからは解決しました。今まで不満を言わなかった妻も、早漏であった僕の行為に満足してくれていると思います。ここでは僕が使っていたプリリジーについて紹介していきます。

  • ホーム
  • 敏感な亀頭の刺激を抑えるプリリジーの効果

敏感な亀頭の刺激を抑えるプリリジーの効果

多様な薬

世の中には、早漏で悩む男が少なくはありません。
そもそも早漏という定義は非常にあいまいで、大方悩んでいる人にとっての早漏は、女性の膣に挿入して間もなく、我慢が出来ずに射精をしてしまう人でしょう。
この場合の定義も曖昧で、時間的に30秒以内にという人もいれば、1分や2分以内に射精してしまう状態が早漏だという人もいます。
そんな曖昧な定義の中で、クリニックなどでは大方2分以内に射精してしまう場合を早漏症として診断し、治療にあたっていることが多いようです。
別の解釈で言うと、女性が性的な満足を得られる前に射精してしまうことです。
しかしこの場合は、女性の方が男性よりもオーガズムに達するのに、基本的に時間を要するという背景があります。
ですので、射精のコントロールを身に付けることで解消されます。
男性の性器は、特に亀頭部分に敏感な神経を集めているので、膣に挿入した直後が一番性的興奮を覚えます。
ですので、瞬間的に一度抜いたり、射精しそうになった時に一度運動をやめて興奮が少し収まるのを待つという方法もあります。

それ以外に早漏を治療する方法としては、クリニックで処方されるプリリジーを利用するということがあげられます。
プリリジーには、生抗うつ薬でも使用されるダポキセチンという成分が配合されており、この成分が射精を遅らせてくれるということが分かっています。
プリリジーを使用すると、射精時間が3~4倍伸びたという話があるほどです。
また、このダポキセチンは、性行為の際に都度使用していると、段々とより射精時間が延びるという効果もあります。
ただし、セロトニン取り込み阻害薬でもあるので、使用する用法や量には気を付ける必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧