早漏で悩んでいましたが、プリリジーの存在をしてからは解決しました。今まで不満を言わなかった妻も、早漏であった僕の行為に満足してくれていると思います。ここでは僕が使っていたプリリジーについて紹介していきます。

  • ホーム
  • プリリジーの副作用を起こりにくくする方法は?

プリリジーの副作用を起こりにくくする方法は?

心配する男性

プリリジーは早漏治療薬の名称であり、2005年にベルギーに本社を置く製薬会社によって、発売された医薬品になります。
世界初の錠剤型の早漏治療薬であり、発売と同時に世界中に広がり、2016年現在、スウェーデン、フィンランド、オーストリア、ニュージーランドなどのヨーロッパ諸国を中心に販売、使用されている、早漏に悩む男性にとって手助けになっている治療薬になっています。

プリリジーの効果としては、脳内の興奮を鎮める作用のあるセロトニンという物質の分泌をうながし、性的な興奮を鎮めるものとなっています。
興奮が抑制されることによって、射精にある程度の歯止めがかかるようになり、射精までの時間が長くなるとされています。
製薬会社の臨床実験によれば、ほとんどの男性が一分以上射精までの時間が長くなったとされるデータがあり、その有効性にはある程度の保証がもたれるものとなっています。

プリリジーは世界中の国で認可され、販売されている医薬品になっています。
有効性、また安全性においても一定の保証はされており、安全に使用できる早漏治療薬として販売されています。
しかし、まれに副作用が見られる場合もあり、2016現在未認可である日本においては、特に注意が必要なものになっています。

報告されているプリリジーの副作用としては、頭痛、めまい、おう吐、下痢などの諸症状が挙げられます。
そのなかでも下痢の症状は多いとされ、そうした症状が起きた際には使用を中止することが賢明といえます。
その副作用が起こりにくくする方法としては、体調の悪い場合には使用を中止すること、また服用する際にはなるべく多くの水を一緒に飲用することなどが挙げられます。
しかしプリリジーは他の医薬品と比べ、副作用はそれほど見られないとされているため、過分な心配は不要であるともいえます。